パソコン情報、設定、トラブル解決(Vista.XP)--ツールドPC

PC設定、トラブル解決

ハードウェア情報

リンク

Vista設定、トラブル解決 ビスタ

スタートアップ修復

VistaにはWindowsが起動できない場合に、起動に影響を及ぼしている問題を自動的に修正する、「スタートアップ修復」機能がある。 Vistaの起動を妨げている項目に関して確認をし、問題点が発見された場合は、可能であれば修復が実行される。


システム回復オプション vista

スタートアップ修復を実行するには、メーカー製のVistaプリインストールモデルでは、F8を押しながら起動させ、「詳細ブートオプション」で「コンピュータの修復」を選択する。 システム回復オプションの画面が表示され、検索画面が消えたら「次へ」をクリックする。 VistaのインストールDVDがある場合は、DVDから起動させ、言語等の確認画面で「次へ」をクリックし、次の画面下の「コンピューターを修復する」をクリックすることで同様にスタートアップ修復を実行できる。



スタートアップ修復

「スタートアップ修復」をクリックする。



スタートアップ修復進行画面

修復の進行画面が表示される。 修復内容によっては、「システムの復元を利用してコンピュータを復元しますか?」等のメッセージが表示されるので、続行させるには「復元」をクリックする。(復元の内容次第では、最近インストールされたアプリケーションは削除される可能性がある。 復元を希望しないのであればキャンセルする。)



完了画面

「修復を完了するにはコンピュータを再起動してください」の画目が表示されたら「完了」をクリックする。 再起動になり、問題が解決していれば通常起動することができる。



「問題を検出できませんでした」

問題が検出されない場合は「スタートアップ修復は問題を検出できませんでした」が表示される。「完了」をクリックするとシステム回復オプションの選択画面に戻るので、「再起動」をクリックすることでPCを再起動させる。



エラー送信確認画面

スタートアップ修復の途中で修復できない場合は、問題の送信確認画面が表示されることがある。



「自動的に修復できません」

修復できない場合は「この問題を自動的に修復できません」等のメッセージが表示される。




Copy Right Tour de PC since 2006